排水管の排水トラップの水漏れ修理

キッチンから水漏れを起こす時にはいろいろな原因があります。そのひとつとして配管の問題がありますが、特に排水トラップの故障は水漏れとして大きな原因になってくる部分です。事前にある程度の予測もできるため、対処を考えていかなければいけません。

■経年劣化が問題

排水管の問題として出てくる排水トラップとは、流し台の下をのぞくと見える部分です。実際にキッチンを使っていれば、年々老朽化が進んでいきます。排水トラップも経年劣化から逃れられない部分であり、接続部分が傷んでくることは避けられません。
パッキンが使われていますが、これが水漏れの原因になっていることもあります。パッキンが原因の場合は徐々に水が漏れていることが多く、シンクの下部分に水が溜まっていることもあります。すぐに発見できないこともあり、大きな問題になってから気付くケースもあるため、定期的に点検することが大切です。

■パッキンの交換

排水トラップの場合、老朽化によって部品を交換しなければいけないこともあります。修理には流し排水栓用のスパナが必要になってきますが、小さなものであればモンキーレンチなどで取り外すこともできます。かなりきつく締まっていることもあるため、十分注意して取り外していかなければいけません。
排水トラップにはパッキンが使われているため、このパッキンを交換すると、水漏れが止まることがあります。ただし、配管自体が劣化して破損してしまうと、パッキンを交換しても効果がないため、配管自体を交換しなければいけません。

■まとめ
排水管の修理の中でも排水トラップのパッキンの交換は、そこまで難しいものではありません。取り外した順に戻していくだけで済みますが、特別な工具が必要になったり、部品の購入もしなくてはなりません。自分で手に負えないと判断した時は水道 修理業者に依頼するのが重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ