水漏れを起こす前に有効な排水管の清掃

排水管は、汚水を流すために存在します。もしも詰まってしまえば、流れることができずに水漏れを起こすことになるでしょう。もちろん、劣化も進んでしまうため、破損したりすれば、水漏れを起こすようなことも出てきます。

■お湯を使った洗浄

排水管の洗浄方法は、とにかく直接洗うことができるように、排水口で取り外すことができる部分は構造を確認しながら外してしまいましょう。排水管も見えるようになってきますので、これで原因が分かることもあります。基本の掃除となりますので、これは普段から行うようにすると良いでしょう。
次にお湯を流していきます。大量のお湯を流すことで水圧をかけることもできますが、なによりも汚れが膨張して溶けだす場合もあるため、これだけでも洗浄として効果的です。非常に単純な方法ではありますが、この方法によってかなりの汚れは落とせるようになるでしょう。

■重曹や市販の洗浄剤

重曹を使う方法は、非常に単純です。重曹を直接振りかけてお酢をまいて時間を置き、40度程度のお湯を流し込む方法になります。家庭にあるものでできる上に、30分から1時間程度でつまりが解消することもあります。すべて溶かしてしまうわけではありませんが、ぬめりや臭い対策にもなるため、定期的におこなっておくといいでしょう。
同じような方法になりますが、市販のパイプクリーナーを使うのもいいでしょう。これもお湯を使うことで効果を高めることができます。ですが、熱湯は危険ですので絶対に使わないようにしなければいけません。もうひとつ、重曹などと混じってしまうと、予想もしない化学反応を見せることがあるため、絶対に混ざらないように注意が必要です。

■まとめ
排水管の清掃は、定期的にしておきましょう。詰まってからおこなう方法もありますが、普段からある程度清掃をしておけば、対策としても有効になってきます。大きな被害を出す前に自分でできる予防策として実践してみてはいかがでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ